伸ばす一覧

身長を伸ばすためには栄養は欠かせない!

身長は人の見た目を決める大事な要素です。特に最近では日本人の体格が随分と大きくなりました。ひと昔前と比較すると、明らかに最近の世代の方が大柄です。ファッションを満喫するためにも、異性に好感を抱いてもらうためにも、そしてスポーツの世界で良い成績を出すためにも身長はやはりあった方が何かと優位です。

平均的な数値よりも低いとそれだけでコンプレックスになります。同級生の友達と並んだ時、自分ひとりだけが頭一つ分、体格が小さいとそれだけで複雑な気分になりますし、恋愛やスポーツに対して消極的なスタンスになるのは確実でしょう。

身長は遺伝的な要因が大きいと言われてますが、それと同等に大事なのが栄養補給です。

 

食事面の配慮は不可欠

人体は普段から摂取する食事によって構成されています。伸ばす事を意識するなら、やはり食事面への配慮は不可欠です。両親や親せき一同が小柄、あるいは平均的な体格だからといって諦める必要はありません。後天的な努力によってビルドアップが成功する事例は多々あります。

ジャンクフードやファストフード店のメニューは大変美味です。最近はカジュアルに入れるファミリーレストランや駅前のハンバーガーショップが人気を集めています。学生や女性でも気軽に美味しくて安価な料理が満喫出来るのが利点です。

ただし、そういった場所の料理は塩分や糖分、そして脂質が多めです。それでいて身長アップにつながる栄養素の配合量は基本的に低くなっています。

外食が多い食生活だと栄養バランスの偏りが生まれます。

それこそ遺伝的に良い体格になる予定だった男女でも、不規則な食生活を毎日続けていては、本来伸びるはずだった成長分が、栄養バランスの乱れによって無くなってしまいます。月並みですが、カルシウムの摂取が大事です。カルシウムは骨を丈夫にする成分であり、昭和の頃は十分な摂取量がありましたが、最近の日本人はカルシウム離れが深刻になりました。

含まれている食材をあまり食べなくなったためです。カルシウムは小魚や緑黄色野菜、牛乳や乳製品に多く含まれています。特に魚と牛乳はその中でもメジャーな食材です。

お肉もまた人体の成長には欠かせないタンパク質やビタミンB等が入っていますが、現代人は肉系のメニューが多く、反対に魚系のメニューは少なめですので、意識的に青魚や白身魚の料理を食べるようにしましょう。

そして毎朝の牛乳は欠かせません。更におやつにはチーズやヨーグルトがオススメです。