身長一覧

身長の遺伝は20~25%!?あなたの身長を伸ばせるかも!?

身長の高低は遺伝的な要因にも影響を受けますが、後天的なものでもあります。研究によると、身体的な特徴は両親から受け継いだ遺伝子によって出てきますが、最近の研究結果によると身長についてはより後天的なものとされています。

 

身長の遺伝的要素は以外と少ない

遺伝的な要素は割合的に半分を優に下回る20パーセントから25パーセントしかないと言われています。これは多くの人に取って意外な結果と受け取られるかもしれません。

マンガや日常生活においても身体的な特徴については、親の遺伝だという言葉が良く出てきます。これを文字通り受け取ってほとんどだと思い込んでしまうしまうこともあるでしょう。ですが、実際の遺伝的要因は半分以下と分かり、生活の中で本人の努力によって身長を伸ばすことは可能と考えられることになりました。

もっと高くなりたいと思うことはいいことと言えます。高くなると、新しい目標となる自分に近づくことが出来、出来ることが増えるからです。身長を伸ばすためにはまず栄養を良く取ることそして良く眠ることが必要でしょうし、運動もしないとうまくいかないかもしれません。生活の中で必要な栄養素をバランス良く取り求められてある睡眠を取ることも必要と思われます。

具体的な数値はメディアでも知ることが出来ますし、教育の場でも教えられるかもしれません。年齢によっても異なってきます。実際に行動に移す際にこの様な目安を知らずに量を間違ってしまうと逆に体に悪く働き身長を止めてしまう危険性も出てきます。

 

眠っている時が一番!

調べた上でその通りに行動することが大切です。眠っている時に伸びるとよく言われますので、特に睡眠を取ることに重きを置いた方がいいかもしれません。

栄養に関して言えば牛乳を飲むということはよく言われているのでこれを行うことはいいはずです。でも摂り過ぎると体に悪影響と思いますのでその点で注意は必要です。

他に具体的なやり方として、もっと伸びたいと思ったきっかけを掘り下げるといいように思います。例えば、こういう風になりたいと思った高い有名人やバレーで活躍している自分自身の姿を毎日思い浮かべるとか伸びたら着たいと思う服などをよく目にするとかして、また寝る前に伸びますようにと自分に暗示をかけるということもいいと考えられるでしょう。

人間の心と体はつながっているので、強く思うとその様になるということはあるのではと思われます。とにかく、よく自分の願望について思いを巡らせておくことが大切になるかもしれません。

 


身長を伸ばすためには栄養は欠かせない!

身長は人の見た目を決める大事な要素です。特に最近では日本人の体格が随分と大きくなりました。ひと昔前と比較すると、明らかに最近の世代の方が大柄です。ファッションを満喫するためにも、異性に好感を抱いてもらうためにも、そしてスポーツの世界で良い成績を出すためにも身長はやはりあった方が何かと優位です。

平均的な数値よりも低いとそれだけでコンプレックスになります。同級生の友達と並んだ時、自分ひとりだけが頭一つ分、体格が小さいとそれだけで複雑な気分になりますし、恋愛やスポーツに対して消極的なスタンスになるのは確実でしょう。

身長は遺伝的な要因が大きいと言われてますが、それと同等に大事なのが栄養補給です。

 

食事面の配慮は不可欠

人体は普段から摂取する食事によって構成されています。伸ばす事を意識するなら、やはり食事面への配慮は不可欠です。両親や親せき一同が小柄、あるいは平均的な体格だからといって諦める必要はありません。後天的な努力によってビルドアップが成功する事例は多々あります。

ジャンクフードやファストフード店のメニューは大変美味です。最近はカジュアルに入れるファミリーレストランや駅前のハンバーガーショップが人気を集めています。学生や女性でも気軽に美味しくて安価な料理が満喫出来るのが利点です。

ただし、そういった場所の料理は塩分や糖分、そして脂質が多めです。それでいて身長アップにつながる栄養素の配合量は基本的に低くなっています。

外食が多い食生活だと栄養バランスの偏りが生まれます。

それこそ遺伝的に良い体格になる予定だった男女でも、不規則な食生活を毎日続けていては、本来伸びるはずだった成長分が、栄養バランスの乱れによって無くなってしまいます。月並みですが、カルシウムの摂取が大事です。カルシウムは骨を丈夫にする成分であり、昭和の頃は十分な摂取量がありましたが、最近の日本人はカルシウム離れが深刻になりました。

含まれている食材をあまり食べなくなったためです。カルシウムは小魚や緑黄色野菜、牛乳や乳製品に多く含まれています。特に魚と牛乳はその中でもメジャーな食材です。

お肉もまた人体の成長には欠かせないタンパク質やビタミンB等が入っていますが、現代人は肉系のメニューが多く、反対に魚系のメニューは少なめですので、意識的に青魚や白身魚の料理を食べるようにしましょう。

そして毎朝の牛乳は欠かせません。更におやつにはチーズやヨーグルトがオススメです。